御殿場市・小山町・裾野・三島の相続、遺言、手続き・遺言書・離婚協議書作成はぜひご相談下さい

専門家が遺言書作成をすすめるケース

≪前のページへ戻る     次のページへ進む≫

 

専門家が遺言書作成を勧めるケース

夫婦間に子どもがいない

 

 

 

夫婦間に子がいない場合は、配偶者だけが相続人になるわけではなく、(夫または妻)の両親又は兄弟姉妹も相続人になります。

 

兄弟姉妹には『遺留分』がありませんので、夫婦で遺言書を書いておくことで対策をとることができます

 

 

相続人が行方不明だ

 

 

相続人が行方不明の場合は

  • @その行方不明者を見つけて遺産分割協議
  • A行方不明者の失踪宣告を申し立てる
  • B不在者財産管理人選任を申し立てる

と、様々な解決手段はありますが、どちらにしても家庭裁判所を通した手続きを行うなど名義変更に着手するまでに時間がかかります。

 

残された他の相続人が大変苦労する結果となります。 

 

 

 

相続人の一人が認知症だ

 

 

相続人に一人でも認知症等で判断能力に問題がある場合は遺産分割協議を有効に成立させることができず、

  • 認知症の方が亡くなるまで遺産分割を行わない
  • 成年後見制度

どちらかを選択することになります。

 

名義変更手続きに着手できるまで時間もかかってしまいます。

 

 

相続人がいない

 

 

ご自身に相続人がいない場合、遺言という財産処分の意思表示がない場合は、遺産は全て国のものとなります。

 

お世話になった人、施設、病院等に寄付したい場合は遺言書が必要となります。
 

 

 

 

 

相続人が未成年者

 

 

相続人に未成年者が含まれている場合は、家庭裁判所を通す手続きが必要となります。

 

預貯金の名義変更手続きが行えないと生活に支障をきたす場合があるため、遺言書を作成されることでスマートに相続手続きに着手することができます。
 
 
 

まとめ

あなたは当てはまりましたか?

 

一つでも心当たりがあれば遺言を作成することをお勧めします。
お気軽にご相談下さい。

 

≪前のページへ戻る     次のページへ進む≫

お問い合わせ・ご予約はお気軽に

アクセス


 

≪相談事例≫
最近遺言書に関する相談が増えています。 遺言書の作成は行政書士鈴木りえ法務事務所へぜひご相談ください。 遺言書を作られるタイミングや、利点、遺言書の種類等ていねいにご説明いたします。
ご依頼の流れと費用について
財産の内容や、どのような配分にしたいのか等お客様のご意向をおうかがいし、お見積りをお出しします。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム ご相談事例 お客様の声 事務所概要 事務所ブログ