御殿場市・小山町・裾野・三島の相続、遺言、手続き・遺言書・離婚協議書作成はぜひご相談下さい

一番揉める遺産の総額

≪前のページへ戻る     次のページへ進む≫

 

1000万円以下と5000万円以下の遺産が一番もめる

近年遺産分割協議がまとまらずに、家庭裁判所の調停を申し立てる方が増加しております。

 

平成27年度 家事事件 第53表「遺産分割事件のうち認容・調停成立件数-審理期間別代理人弁護士の関与の有無及び遺産の価額別-全家庭裁判所」によると、遺産分割協議がまとまらず、
 
 
家庭裁判所にて調停を行っていた事件のうちの大半が、遺産価額1,000万円以下、5,000万円以下の遺産を巡りもめていたことが明らかになりました。
 
 

お金持ちはトラブルが少ない


逆に遺産が億単位ケースは、トラブルの件数も少ないのが見受けられます。これは、遺産が多い方ほど、生前にしっかりと遺産分割対策を取られていた事が考えられるのです。
 
一般サラリーマンのご家庭でも預貯金や不動産の評価を合わせると1,000万円前後の財産を保有している事は決して珍しくありません。

 

 

「遺産は無い、少ない」と思われていても、実際に揉めているケースは複数存在するわけですから遺産相続トラブルは他人事ではないのです。

 

もめない相続にするためには?

 
一番効果的なのが、遺言書の作成です。

 

自分で築いた財産の処分は、自分で処分方法を決めたいというのは当然のことです。よって相続財産は遺言により、遺言者の意思で自由に処分できることが原則となっています。

 

そのため相続手続きにおいては、まず一番最初に遺言書が遺されていないか確認作業を行い、遺言書が見つかれば、以後は遺言内容に沿って手続きを執り行っていく流れとなります。それだけ遺言書は効力が強いのです。

 

 

 

自分で築いた財産が原因で、相続人同士が争いになるのは心が痛い話です。
自分の財産の行方は自分でしっかりと遺言書で意思表示をしましょう

 

 

≪前のページへ戻る     次のページへ進む≫

 

お問い合わせ・ご予約はお気軽に

アクセス


 

≪相談事例≫
最近遺言書に関する相談が増えています。 遺言書の作成は行政書士鈴木りえ法務事務所へぜひご相談ください。 遺言書を作られるタイミングや、利点、遺言書の種類等ていねいにご説明いたします。
ご依頼の流れと費用について
財産の内容や、どのような配分にしたいのか等お客様のご意向をおうかがいし、お見積りをお出しします。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム ご相談事例 お客様の声 事務所概要 事務所ブログ