廃棄物の種類に適した運搬容器

廃棄物の種類に適した運搬容器

《前のページへ   次のページへ》

 

 

廃棄物の種類と運搬容器

 

廃棄物を運搬するために欠かせないのが容器です。

 


どんな容器があるのか、それぞれの特徴などをわかりやすくご紹介します。

 

自分が収集運搬する廃棄物に応じた最適な容器を選びましょう。
 

 

ドラム缶

 
ドラム缶にも蓋や材質など種類があります。

ドラム缶の蓋について

 

種類

特徴

オープンドラム

取り外し可能な天蓋を、バンドで缶胴に締め付けて密封するタイプのドラム缶です。

内容物か粘度の高い液体や粉体等に適しています。

クローズドラム

蓋に口金がついているタイプです。

内容物が液体の場合に適しています。

鉄製ドラム(一般的な材質)

値段も安く、大きな廃棄物や感染症廃棄物を除き、液状から固形の廃棄物まで幅広く使用することができます。

 

 

プラスチックドラム

内容物が鉄に反応したり、錆を嫌う物に使用します。内部がプラスティック素材となっており耐食性に優れています。廃油や廃アルカリなどの腐食性のある廃棄物の場合に使用します。

 

 

ステンレスドラム

内容物が鉄に反応したり、錆を嫌う物に使用します。鉄製に比べ値段はちょっと高めですが半永久的に再生利用できます。

 

 

 

フレコンバック(フレキシブルコンテナバック)

 
耐久性は低いですが、価格が安いため使い捨ての運搬容器として使用されています。
 
サイズも小型〜特大までと種類も豊富です。
 
また排出口があるもの、粉塵等の漏れを防止するコーティング加工されたものなど特徴に応じて選ぶことも可能です。
 

 

 

廃棄物専用コンテナ

 
建設現場を中心に使用されおり、腐敗しない廃棄物を運搬するのに適しています。

 

幅広い種類の廃棄物に対応できますが、運搬にはコンテナ専用車が必要です。

 

 

一覧表でわかりやすく

廃棄物の種類 鉄製オープンドラム 鉄製クローズドラム オープンケミカルドラム クローズケミカルドラム フレコンバック 廃棄物専用コンテナ
燃え殻

汚泥

廃油

廃酸

廃アルカリ

廃プラスティック類

ゴムくず

金属くず

ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器きず

鉱さい

がれき類

ばいじん

紙くず

木くず

繊維くず

動植物性残さ

 

直接荷台に積んじゃだめなの?

 

 
建設業、解体業でよく排出される廃プラスチック類、「金属くず、ガラスくず、コンクリートくずおよび陶磁器くず、がれき類、紙くず、木くず、繊維くず」については運搬容器は不要です。
 

 

 

 

《前のページへ   次のページへ》

お問い合わせ・ご予約はお気軽に

アクセス


 

産廃許可取得の5つの要件
産業廃棄物収集運搬業許可に必要な要件のうち、欠格条項は破産者で免責を受けていない人、禁錮以上の刑を受けて5年を経過していない人、暴力団の構成員である人などが条項として定められています。 これら欠格条項の対象者は、個人の場合であれば申請者、政令で定める使用人(工場長・営業所長などで廃棄物処理委託契約締結権限のある者)、法人であれば、取締役、監査役、執行役などの役員、顧問、相談役、政令で定める使用人、5%以上の株主です。
産業廃棄物の種類
産業廃棄物にも種類があります。 あらゆる事業活動に伴い排出されるものと限定業種に伴い排出されるものとに別けられます
もっと詳しく見る産業廃棄物の種類
ざっくりした具体例じゃわからない方必見!もっと詳しく見ることで自分が取得すべき廃棄物の種類を確認しましょう。
許可取得の注意ポイント
産業廃棄物収集運搬の許可を取得するにあたり注意しなければいけない点は、複数の許可が必要に場合と許可の期限と更新等です
マニフェスト(廃棄物管理票)の種類
産業廃棄物は、排出事業者が自らの責任で適正に処理することになっています。マニフェスト制度は産業廃棄物の委託処理における排出事業者責任の明確化と不法投棄の未然防止を目的としています。
許可申請に必要な書類
許可申請に必要な書類は、申請書関係とお客様に用意いただく書類、役所で取得する書類に分かれます。
ご依頼の流れと費用
許可取得までの流れと、取得にかかる時間と費用についてですが、まず一番最初に講習会の受講をお願いしております。2日間の講習で、行政概論、環境概論、業務管理、安全衛生管理、収集・運搬の5科目を受講し、最終日に終了試験を受けます。 合格していれば、約3週間後に、受講者に修了証が交付されます。修了証が申請書類の中で最も入手に時間がかかりますので、まず先に受講をするようにしてください。
特別管理廃棄物の処理・運搬について
石綿関連やPCB、感染性廃棄物などの特別管理廃棄物の収集運搬は

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム ご相談事例 お客様の声 事務所概要 事務所ブログ