御殿場市・小山町・裾野・三島の相続、遺言、手続き・遺言書・離婚協議書作成はぜひご相談下さい

遺言書で「認知」はできますか

≪前のページへ戻る     次のページへ進む≫

 

遺言書で認知をしたい。気を付ける点は

 

 

 

 

この度、病気をわずらい余命が残りわずかだと医者に言われました。

 

私には認知していない子どもがいます。

 

 

今さらではありますが、遺言で認知を行い、遺産くらいは相続させてあげたいと考えました。

 

なにか注意すべき点はありますか?

 

 

60代・男性

 

 

 

胎内にある子(胎児)でも認知することができますが、母の承諾が必要です。

成人の子の認知は、その承諾がなければすることができません。
また、あなたの死亡後に遺言執行者が認知の届出をする必要があります。

 

そのため遺言で遺言執行者を定めておくべきでしょう。

 

そもそも認知とは?

認知とは、父又は母がその婚姻外の子を自己の子と認めて法律上の親子関係を生じさせる単独行為です。
 
かみ砕いて言うと、男性が戸籍上の奥さん以外の女性との間にお子さんを作った場合に、その子は「自分の子です」と認める行為になります。

 

子こどは認知されることにより、戸籍上の父親が確定します。

 

そして、父親の相続人となることができるのです。
 

認知の注意点

認知は、届出のほか遺言でもすることができます。

父は胎内にある子(胎児)でも認知することができますが、母の承諾が必要です。

成人の子の認知は、その承諾がなければすることができません。

 

 

遺言認知の方法

 
 
遺言認知は遺言者の死亡と同時にその効力を生じます。
 
そして遺言執行者は、就職の日から10日以内に、遺言の謄本を添付し市区町村にその旨の届出を行います。

 

 

 

遺言認知には、上記のように遺言者の死亡後に遺言執行者が認知の届出をする必要があります。そのため遺言で遺言執行者を定めておくべきです。

 

また、出生後の認知なのか、胎児の認知なのかによっても記載方法がことなります。

 

自筆証書遺言にて遺言認知する場合は必ご相談下さい。

 

 

≪前のページへ戻る     次のページへ進む≫

 

お問い合わせ・ご予約はお気軽に

アクセス


 

夫婦連名で遺言書を書きたい
ご夫婦で築いた財産だから、分配方法についても 夫婦で一緒の遺言書に残しておきたいというご相談があります。 しかし、同じ一枚の紙に二人で遺言をする(共同遺言)はすることができません。
財産を相続させたい息子が病気がち・・
遺言書内で遺産を相続させるべき人が遺言者よりも先に亡くなってしまった場合などは困ってしまいます。 そういった万が一場合にも備え内容を精査して作成する遺言書を予備的遺言といいます。 高齢の夫婦がお互いに財産を相続させる場合や、相続人が病気がちなどの場合に作成されることが多いです。
ピンピンコロリ・・理想の最期
自分の意識がなく、これ以上回復の見込みがない場合、不要な延命治療を拒否することを書面に残しておくことができます。
お墓も『お引越し』が必要?!
お墓を購入する場合、一般的に土地の所有権ではなく利用権であることがおおいです。 お墓の管理や承継についても、将来を踏まえて考えて購入すべきです。管理したり参拝する人がいない「無縁墓」も急増しており、それらの対策についてもご紹介します。
遺言書は何処で保管すべき?
特に自筆証書遺言の場合、保管においては慎重になる必要があります。 多くの場合、重要な保険証券等と一緒に保管さえていることがあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム ご相談事例 お客様の声 事務所概要 事務所ブログ