御殿場市・小山町・裾野・三島の相続、遺言、手続き・遺言書・離婚協議書作成はぜひご相談下さい

夫婦連名で遺言書を書きたい

≪前のページへ戻る     次のページへ進む≫

 

夫婦で共同の遺言書を書くことはできますか

 

 

 

結婚して50年を迎え、夫婦で遺言書を書くことにしました。

 

一緒に築いてきた財産なんで、子供達への遺言内容も一緒に考えています。

 

夫婦連盟で遺言書は書いても大丈夫ですか?

 

70代ご夫婦

 

ご夫婦で同一の遺言書によって二人以上の者が遺言をすることはできません。
 
共同遺言を認めると、自由に撤回・変更ができなくなるなど、遺言者の最終意思の確保が図れなくなってしまからです。

 

一緒に話し合い、それぞれの内容を決めたうえで別々に作成して下さい。

 

 

共同遺言はできません

ご夫婦で同一の遺言書によって二人以上の者が遺言をすること(共同遺言)は、民法によって禁止されています。

 

遺言書は一度作ってしまったら、その内容で確定してしまうものではなく、遺言者は、いつでも遺言を撤回できるのです。

 

 

しかし、夫婦など二人以上の者が一つの遺言をした場合、他方に同意してもらえないと遺言が撤回できないということが起こり得ます。

 

また、一緒に遺言を各人に気を使い、自分の本当の意思を遺言書に残せないことも考えられます。

 

要は、共同遺言を認めると、自由に撤回・変更ができなくなるなど、遺言者の最終意思の確保が図れなくなってしまうおそれから、最後の意思を遺言者に自由に決定させるために共同遺言は禁止されているのです

 

 


共同遺言はできませんが、夫婦で一緒の日に公証人役場で公正証書遺言を作成することは可能です。
 
同時に作成すると負担軽減にもなります。
 
ご夫婦で一緒に遺言書を作りたい、そんな時はぜひご相談下さい。
 
 

 

≪前のページへ戻る     次のページへ進む≫

お問い合わせ・ご予約はお気軽に

アクセス


 

遺言書で「認知」はできますか
遺言書で子の認知を行うことができます。 ただし、15歳以上の子の場合は本人の同意が必要であり、胎児の場合は母親の同意も必要となります。 認知の届出は遺言執行者によってなされる等の手続きの面からも、必ず専門家と相談のうえ遺言書の作成は進めるようにしてください。
財産を相続させたい息子が病気がち・・
遺言書内で遺産を相続させるべき人が遺言者よりも先に亡くなってしまった場合などは困ってしまいます。 そういった万が一場合にも備え内容を精査して作成する遺言書を予備的遺言といいます。 高齢の夫婦がお互いに財産を相続させる場合や、相続人が病気がちなどの場合に作成されることが多いです。
ピンピンコロリ・・理想の最期
自分の意識がなく、これ以上回復の見込みがない場合、不要な延命治療を拒否することを書面に残しておくことができます。
お墓も『お引越し』が必要?!
お墓を購入する場合、一般的に土地の所有権ではなく利用権であることがおおいです。 お墓の管理や承継についても、将来を踏まえて考えて購入すべきです。管理したり参拝する人がいない「無縁墓」も急増しており、それらの対策についてもご紹介します。
遺言書は何処で保管すべき?
特に自筆証書遺言の場合、保管においては慎重になる必要があります。 多くの場合、重要な保険証券等と一緒に保管さえていることがあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム ご相談事例 お客様の声 事務所概要 事務所日記