配偶者が自宅に住み続けられる権利が創設されます。

現行制度

 

配偶者が自宅を相続した場合、自宅の評価によっては預貯金を相続できないことがありました。

 

預貯金の相続を選択した場合は自宅を相続できないなど、配偶者が安心して暮らせない状況が生まれていたのです。

 

そこで、今回の改正により被相続人の死後も配偶者が安心して自宅に住み続けることができる「配偶者居住権」という権利が創設されました。

 

 

 

 

 

「配偶者居住権」とは

 

 

配偶者居住権が創設されたことで、配偶者が自宅に住み続けながら十分な預貯金も相続できることになります。

 

また、自宅の所有権と居住権を分離したことで遺産分割もしやすくなります。

 

つまり、残された配偶者は自宅の所有権を取得していなくても、配偶者居住権を取得しさえすれば、亡くなるまでの間、所有者に賃料を支払うことなく、それまで住んでいた家に住み続けることができるようになります。

 

 

配偶者短期居住権も創設されます。

 

相続開始から遺産分割協議が成立するまでには時間があります。

 

 

今回の法改正では、遺産分割成立までの期間についても配偶者が安心して暮らせるよう配慮がされました。

 

 

相続開始時に、被相続人の所有する建物に無償で住んでいた場合は、遺産分割協議成立までの間は最低6か月は、無償でその建物も使用することができます。

 

こちらの制度は2020年4月1日までに施行される予定です。

お問い合わせ・ご予約はお気軽に

行政書士鈴木りえ法務事務所
〒412-0045 静岡県御殿場市川島田1299-10 タイホウビル302

TEL 0550−78−6420

FAX 0550−78−6421

メールはこちらから

アクセス


駐車場のご案内


トップへ戻る