遺産分割前に預貯金の一部引き出しが可能になります。

遺産分割前に預貯金の一部引き出しが可能になります。

遺産分割前に預貯金の一部払い戻しを認める制度が新設されます。

現行制度

 

 

 

 

 

平成28年12月19日最高裁大法廷の決定により、
@相続された預貯金は遺産分割の対象財産に含まれるため
A共同相続人による単独での払い戻しができない

 

とされていました。

 

そのため、残されたご家族(相続人)は、生活費や葬儀費用の支払いなどがある場合であっても、遺産分割が終了するまでの間は、亡くなった方の預金の払い戻しができませんでした。

 

 

 

新制度で一定の金額内なら現金を引き出すことが可能に

新制度

 

 

葬儀にかかる大きな費用や残された家族の生活費などが相続人の負担になることから、新制度においては、緊急に必要となる費用については遺産分割前の預貯金であっても、単独の相続人によって一定の範囲内で引き出しが認められるようになりました。

 

この制度の導入により、家庭裁判所の判断を経なくても金融機関の窓口における支払いを受けるようになります。

 

こちらの制度は2019年7月1日からの施行です。

 

 

 

 

相続人一人当たりが引き出せる金額には上限が

 

相続人一人当たりが引き出せる金額には限度があり、相続開始時の預貯金額の3分の1の金額に対する法定相続分(金融機関ごとに150万円が上限)となります。

 

預貯金が900万円の場合の例が以下になります。

 

 

全額引き出せるわけではないので注意が必要ですが 新制度により、今まで親族が立て替えていた葬儀費用なども、被相続人の預貯金口座から支払いが可能になりので

 

相続人の金銭的負担が大きい場合は、活用すべき制度と言えます。

 

 

お問い合わせ・ご予約はお気軽に

行政書士鈴木りえ法務事務所
〒412-0045 静岡県御殿場市川島田1299-10 タイホウビル302

TEL 0550−78−6420

FAX 0550−78−6421

メールはこちらから

アクセス


駐車場のご案内


トップへ戻る