相続放棄すると保険金は受け取れないの?

相続放棄すると保険金は受け取れないの?

≪前のページへ戻る    次のページへ進む≫

 

 

相続放棄したら死亡保険金は受け取れませんか?

 

 

父が亡くなりました。

 

家庭裁判所に相続放棄を行い無事に先日手続きが終わったところです。

 

ところが最近になって父が生命保険を契約していたことがわかりました。

 

相続放棄をした私は生命保険金は受け取れないのでしょうか?

 


(女性Aさん・40代)

 

 

 

 

保険証券を確認したところ

 

死亡保険金受取人をAさんとする契約でした。

 

この場合(特定の相続人を受取人とする契約の場合)は、

 

保険金を受け取る権利は、受取人固有の権利であり、相続財産には含まれないため、

 

相続放棄した場合でも保険金を受け取ることができる旨をご案内し、後日無事に保険金の受け取り手続きをされました。

 

 

 

契約内容を確認しましょう

生命保険契約は契約者(保険料を負担する人)、被保険者(保険をかけられる人)、受取人(保険金を受け取る人)の3人で組み立てられています。

 

死亡保険金がおりるのは、亡くなった方が被保険者になっている場合です。
 

 

@番・・受取人が相続人や親族の契約

 
先述したAさんの契約もこちらのパターンです。

 

ここで生命保険受取人となっている方は、生命保険会社と契約者(ここでは亡くなった方)との間の契約上の権利に基づいで保険金が支払われます。

 

つまり、ここで受け取った保険金は相続財産には含まれません。
※相続税法はみなし相続財産にはなります。

 

そのため受取人である相続人が相続放棄していた場合でも死亡保険金は受け取ることが可能なのです。

 

 A番・・受取人が被相続人自身の契約

 

受取人が亡くなっているため、受け取るべき権利自体が相続財産となってしまいます。

 

そのため、遺言書がなければ相続人同士で遺産分割協議を行い、保険金の受け取りを承継する者を決めることになります。

 

相続放棄している相続人は、相続放棄手続きが完了した時点で「はじめから相続人ではなかった」扱いとなるため、相続財産である保険金を受け取ることができません。
 

 

 
遺品を整理していたら保険証券が出てきた・・そんな方も多いのではないでしょうか。

 

遺産の内容がわからないまま、保険金を請求したり、相続放棄を行う方がおりますが

 

後に遺産の全貌があきらかになった際に、

 

遺産がたくさん出てきた!相続放棄するんじゃなかった!

 

保険金より借金の方が多い!相続放棄しておけばよかった

 

など苦労される方もおります。

 

しっかりと、遺産の調査を行ってから保険請求は行うようにしましょう。

 

初回のご相談・お見積りは無料です。お気軽にお問合せ下さい。

 

 

≪前のページへ戻る    次のページへ進む≫

お問い合わせ・ご予約はお気軽に

アクセス


 

弟が行方不明で相続手続きができない
母が亡くなりした。遺言はありません。 相続人の1人(相談者の弟)8年前から私の弟が蒸発して行方不明で、預貯金の解約ができません。
母が重度の認知症で話し合いができません
相続人が認知症の場合は、遺産をどのように分配するかという話し合いをすることができません。 成年後見制度を利用しつつ、手続きを進めていくことになります。
妹が海外在住、相続手続きはどうしたらいいの
相続人が海外に住んでいると、遺産分割協議書に押印する「実印」が多くの場合ありません。 そのため実印の代わりに、サイン証明を大使館や領事館からもらう必要があります。
死亡した夫の借金を調査したい!
相続人より、相続人である証明として戸籍を信用情報機関へ送付することにより、消費者金融等での借り入れを調査することができます。
その遺言書納得できません
遺留分は兄弟姉妹以外の相続人に認められる最低限の相続分になります。 遺留分を請求する際に気をつけるべきことはについてご説明します。
相続放棄した事実を連絡しなきゃだめ?
相続放棄はしたければ、相続人となった人に連絡してあげるべきか迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。 借金が理由で放棄したのであればなおさらです。 連絡をしなかった場合はどうなるのかをご説明します。
遺言書がある相続はどう進めればいいの
遺品を整理していたら、遺言書が見るかることがよくあります。 遺言書が見つかった場合は、遺言書の内容に沿って手続きを進めることになります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム ご相談事例 料金案内 お客様の声 事務所概要