特別管理廃棄物の収集運搬について

石綿(アスベスト)関連の廃棄物の処理

次のページへ進む≫

 

 

石綿(アスベスト)とは

 
石綿(アスベスト)とは、繊維状の鉱物で、角閃(せん)石系の岩石から作られるアモサイト、クロシドライト等と蛇紋岩系の岩石から作られるクリソタイルに大別されます。

 

耐火性、耐摩擦性、耐熱性、断熱性、防音性等に優れ、また紡織加工することも可能であり、かつ安価であったために建材や耐火材など幅広い分野で使用されてきました。

 

 

しかし、石綿肺がん、中皮腫など根治できない病気の原因になることがわかり、順次規制が強化され、2006年には一部製品を除き全面的に製造、使用が禁止されるに至りました。
 

 

 

石綿を含む廃棄物の分類

石綿を含む廃棄物には、飛散の恐れが大きい「廃石綿等」に分類されるものと飛散の少ない「石綿含有建材」があります。

廃棄物の名称と分類

石綿発じんの程度

 

作業レベル

 

名称 分類

廃石綿等
(飛散の恐れが大きい)

特別管理廃棄物

 

著しく高い レベル1
高い レベル2

石綿含有産業廃棄物
(飛散の恐れが少ない)

産業廃棄物 比較的低い レベル3

 

 

 

 

名称

廃棄物の具体例

廃石綿等*1

吹き付け石綿、石綿含有吹き付けロックウール、バーミキュライト吹き付け、保温材、石綿含有ケイ酸カルシウム板2種等

石綿含有産業廃棄物*2

屋根用化粧スレート、外壁サイディング、石綿含有ケイ酸カルシウム板1種など石綿が補強材として添加されている建材

 

 

*1「廃石綿等」は廃棄物処理法で特別管理産業廃棄物に指定されているだけでなく、大気汚染防止法および石綿障害予防規則などほかの法律により廃棄作業時の飛散防止について厳密に規制されています。

 

 

*2
石綿含有建材が廃棄物になったものを石綿含有廃棄物と呼んでいます。

 

石綿を含むものの、セメント等で固定化されているため通常の状態では石綿が飛散する恐れはありません。

 

石綿障害予防規則や大気汚染防止法に基づく届出は必要ありませんが、自治体によっては条例により届出を義務付けているところがあります。

廃石綿等の処理

 
石綿障害予防規則では、作業レベルの1および2にに該当します。

 

大気物汚染防止法、石綿障害予防規則および該当する場合の自治体の条例に基づく届け出を行ってから撤去作業に入ることが前提となります。

 

 

廃棄物の処理は、撤去された廃石綿等を袋に詰めるところから開始されます。

 

 

専用に袋に詰め、固化材もしくは安定剤を加えて飛散防止処理を行い、さらに丈夫な袋につめ(二重梱包)保管場所に仮置きします。

 

 

撤去の際に強いようした保護衣および保護具のフィルターも「廃石綿等」に該当しますので同様に袋詰めします。

 

 

石綿含有廃棄物の処理

 
石綿障害予防規則に関連して作業レベル3に位置付けられており、廃棄物処理法では通常の廃棄物とは分離して扱うことが規定されていますが、特別管理廃棄物には該当しないとされています。

 

 

撤去作業では、作業衣、保護具を着用の上、散水等の湿潤化を図り石綿の飛散防止に努め、極力割らずに人手によって撤去することが求められています。

 

 

撤去された石綿含有廃棄物は、袋に詰めるまたはシートでくるむ等の飛散防止措置を行ったうえで、施設に運搬し処理します。

 

 

次のページへ進む≫
 

お問い合わせ・ご予約はお気軽に

アクセス


 

PCB廃棄物の処理と運搬
PCBはポリ塩化ビフェニールの略語で、209種類の異体性を持つポリ塩化ビフェニール化合物の総称です。
感染性廃棄物
医療機関や介護施設、研究機関等で発生する廃棄物のうち、人が感染しまたは感染する恐れのある廃棄物を感染性廃棄物とよびます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム ご相談事例 お客様の声 事務所概要 事務所ブログ