遺言書の種類

遺言書の種類

≪前のページへ戻る  次のページへ進む≫

 

 

遺言書の種類は?

 
遺言書の種類には広く一般的に用いられているもので自筆証書遺言書と公正証書遺言書の2種類があります。

 

作成方法なやメリット・デメリットも異なってきますので、それぞれの内容をよく理解してから、遺言書を作成されることをおすすめします。

 

 

 

  自筆証書遺言 遺言公正証書
作成方法 遺言者が全文、氏名、日付、を自書し押印して作成 証人二人以上が立会いのもと遺言書が遺言内容を公証人に口授し、公証人が筆記して作成
費用 ほとんどかからない 財産に応じて数万円〜数十万円
必要なもの
  • 印鑑
  • ペン
  • 封筒
  • 実印
  • 戸籍
  • 住民票
  • 財産価格がわかる資料

検認手続き 必要 不要
メリット
  • 費用がかからない

  • 内容を秘密にできる

  • 何度でも気軽に書き直しできる

  • 保管の心配がいらない
  •  要式不備による無効の心配がない  
  •  検認手続きが不要
  •  字が書けない方、目が見えない方なども作成可能

 

デメリット
  • 紛失や変造されるおそれ

  • 検認手続きが必要

  • 要式不備により遺言無効になる可能性

  • 作成に費用がかかる

  • 内容を公証人・証人に知られてしまう

 

 

 

 

当事務所と遺言書

 

当事務所は相続手続きや遺言作成、高齢者関係のご相談を専門に扱っております。
 
「相続人の一人に全ての遺産を相続させる」と単純な内容の遺言であれば要式さえ満たせば作成可能です。

 


しかし、他の相続人から遺留分を請求されたりした場合は、せっかく作った遺言内容が実現できなくなる恐れがあります。

 



そこでどのような財産があるのか、誰にどの財産を相続させたいのか、亡くなる順番が異なった場合はどうするのか、遺留分は問題ないか様々な法律上の問題を想定したうえでご相談者様の希望を実現できる遺言書を作り上げることが当事務所の仕事です。

 

初回のご相談は無料ですので、ぜひお気軽にお問合せ下さい。

*病気やお体が不自由等のお客様については、こちらからご自宅や病院に出張も行っております。

 

 

≪前のページへ戻る  次のページへ進む≫

お問い合わせ・ご予約はお気軽に

アクセス


 

夫婦連名で遺言書を書きたい
ご夫婦で築いた財産だから、分配方法についても 夫婦で一緒の遺言書に残しておきたいというご相談があります。 しかし、同じ一枚の紙に二人で遺言をする(共同遺言)はすることができません。
遺言書で「認知」はできますか
遺言書で子の認知を行うことができます。 ただし、15歳以上の子の場合は本人の同意が必要であり、胎児の場合は母親の同意も必要となります。 認知の届出は遺言執行者によってなされる等の手続きの面からも、必ず専門家と相談のうえ遺言書の作成は進めるようにしてください。
財産を相続させたい息子が病気がち・・
遺言書内で遺産を相続させるべき人が遺言者よりも先に亡くなってしまった場合などは困ってしまいます。 そういった万が一場合にも備え内容を精査して作成する遺言書を予備的遺言といいます。 高齢の夫婦がお互いに財産を相続させる場合や、相続人が病気がちなどの場合に作成されることが多いです。
ピンピンコロリ・・理想の最期
自分の意識がなく、これ以上回復の見込みがない場合、不要な延命治療を拒否することを書面に残しておくことができます。
お墓も『お引越し』が必要?!
お墓を購入する場合、一般的に土地の所有権ではなく利用権であることがおおいです。 お墓の管理や承継についても、将来を踏まえて考えて購入すべきです。管理したり参拝する人がいない「無縁墓」も急増しており、それらの対策についてもご紹介します。
遺言書は何処で保管すべき?
特に自筆証書遺言の場合、保管においては慎重になる必要があります。 多くの場合、重要な保険証券等と一緒に保管さえていることがあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム ご相談事例 お客様の声 事務所概要 事務所ブログ