≪前のページへ戻る  次のページへ進む≫

 

 

遺言書の種類は?

 
遺言書の種類には広く一般的に用いられているもので自筆証書遺言書と公正証書遺言書の2種類があります。

 

作成方法なやメリット・デメリットも異なってきますので、それぞれの内容をよく理解してから、遺言書を作成されることをおすすめします。

 

 

 

  自筆証書遺言 遺言公正証書
作成方法 遺言者が全文、氏名、日付、を自書し押印して作成 証人二人以上が立会いのもと遺言書が遺言内容を公証人に口授し、公証人が筆記して作成
費用 ほとんどかからない 財産に応じて数万円〜数十万円
必要なもの
  • 印鑑
  • ペン
  • 封筒
  • 実印
  • 戸籍
  • 住民票
  • 財産価格がわかる資料

検認手続き 必要 不要
メリット
  • 費用がかからない

  • 内容を秘密にできる

  • 何度でも気軽に書き直しできる

  • 保管の心配がいらない
  •  要式不備による無効の心配がない  
  •  検認手続きが不要
  •  字が書けない方、目が見えない方なども作成可能

 

デメリット
  • 紛失や変造されるおそれ

  • 検認手続きが必要

  • 要式不備により遺言無効になる可能性

  • 作成に費用がかかる

  • 内容を公証人・証人に知られてしまう

 

 

 

 

当事務所と遺言書

 

当事務所は相続手続きや遺言作成、高齢者関係のご相談を専門に扱っております。
 
「相続人の一人に全ての遺産を相続させる」と単純な内容の遺言であれば要式さえ満たせば作成可能です。

 


しかし、他の相続人から遺留分を請求されたりした場合は、せっかく作った遺言内容が実現できなくなる恐れがあります。

 



そこでどのような財産があるのか、誰にどの財産を相続させたいのか、亡くなる順番が異なった場合はどうするのか、遺留分は問題ないか様々な法律上の問題を想定したうえでご相談者様の希望を実現できる遺言書を作り上げることが当事務所の仕事です。

 

初回のご相談は無料ですので、ぜひお気軽にお問合せ下さい。

*病気やお体が不自由等のお客様については、こちらからご自宅や病院に出張も行っております。

 

 

≪前のページへ戻る  次のページへ進む≫

お問い合わせ・ご予約はお気軽に

行政書士鈴木りえ法務事務所
〒412-0045 静岡県御殿場市川島田1299-10 タイホウビル302

TEL 0550−78−6420

FAX 0550−78−6421

メールはこちらから

アクセス

<



トップへ戻る