《前のページへ   次のページへ》

 

一般建設業と特定建設業の許可の違い

 
 
建設業は

  • 一般建設業
  • 特定建設業

に区分されています。

 

下請に出すかがポイント

 
特定建設業は発注者から直接工事を請け負った工事について、下請代金の額が4,000万円以上(建築一式工事は6,000万円以上)となる場合に必要となる許可です。

 

 

※下請代金の額は、一次下請の下請代金の合計額が4,000万円(6,000万円)以上であるか否かで判断され、二次下請以降の下請代金は含まれません。

 

 

それ以外の場合は一般建設業許可となります。

 

 

つまり、受注した工事の大半を下請に出さずに自社で施工する場合など下請発注金額が4000万円未満であれば一般建設業許可でもかまわないのです。

 

 

発注者から直接工事を請け負った工事について、下請代金の額が4,000万円以上(建築一式工事は6,000万円以上)となる下請契約を締結する場合 特定建設業の許可
上記以外 一般建設業の許可

 

 

 

一般建設業許可と特定建設業許可は、1つの業種についてどちらか一方しか取得できませんので注意が必要です。

 

 

《前のページへ   次のページへ》

 

 

お問い合わせ・ご予約はお気軽に

アクセス






トップへ戻る