財産分与で譲渡所得税が・・

財産分与で譲渡所得税が・・

財産分与と譲渡所得税

《前のページへ   次のページへ》

 

 

 

財産分与と譲渡所得税

 

夫が妻へ財産分与として居住する不動産を譲渡した場合、夫に譲渡所得税が課税させるのでしょうか?!
財産分与での不動産譲渡であっても、通常の不動産売買の譲渡と同じように、経済的利益があったとみなされて譲渡所得税の課税対象となります。

 

離婚した夫から財産分与で不動産を与えた側(夫このケースでは夫)は、利益を得たわけではないので譲渡所得がないと思いがちです。

 

しかし、所得税法は、不動産によち年々発生して蓄積された利益そのものを所得としてとらえ、それが、所得者の手から離れるときに一挙に所得が実現したものとして、これを清算して、譲渡所得税を課しているのです。

 

 

そのため、財産分与での不動産譲渡であっても、通常の不動産売買の譲渡と同じように、経済的利益があったとみなされて譲渡所得税の課税対象となるのです。

 

したがって、分与の時点で時価で売却したことと同じ経済的利益があったとみなされて、取得金額を上回った額に対して課税されます。
 
 

財産分与のポイント

 
居住用の不動産を財産分与した場合は、3,000万円の特別控除を受けられます。

 

さらに、所有期間が10年を超える場合は軽減税率の適用が受けられます。

 

この規定は配偶者や親族に対する譲渡については認められていません。

 

したがって、特別控除を受けるためには、離婚が成立してから不動産の譲渡を行いましょう。
 
 

離婚前の贈与で非課税扱いになる場合

 
 結婚20年以上の夫婦であれば、一方が自宅用の土地や建物や、土地た建物の取得金を贈与し、贈与された側が続けて住む場合は、2,110万円(特別控除額2,000万円+通常の贈与税の控除額110万円)までは非課税です。

 

 贈与した側にも税金は課せられません。
 
 

《前のページへ   次のページへ》

お問い合わせ・ご予約はお気軽に

アクセス


 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム ご相談事例 お客様の声 事務所概要 事務所日記