《前のページへ    次のページへ》

 

許可が不要な工事


建設工事には、許可を受けていなければ施行することができない工事と許可を受けなくても施行できる工事があります。
 
建設業法では、以下のとおり定められています。
 

 

建築一式工事の場合
  • @ 1件の請負代金が1,500万円(消費税込)未満の工事
  • A 請負代金の額に関わらず、木造住宅で延べ面積が150u未満の工事(主要構造部が木造で、延床免責の1/2以上を居住の用に供するもの)

 

上記の@あるいはAに該当する工事を施工する場合には建設業の許可は不要とされています。
 

 

建築一式工事以外の工事の場合

1件の請負代金が500万円(消費税込)未満の工事を施工する場合については、建設業の許可は不要とされています。

 

まとめ

建設業の許可を取得することで請負代金額による受注・請負の制限がなくなります。

 

今までより多くの建設工事を受注・請負うことができるようになります。
事業の安定、拡大を将来的に考えるのであれば、建設業許可の取得をご検討してみるのもいいかもしれません。

 

 

 

《前のページへ    次のページへ》

 

お問い合わせ・ご予約はお気軽に

アクセス






トップへ戻る