産業廃棄物収集運搬許可

産業廃棄物収集運搬許可


 次のページへ
 

 

産業廃棄物収集運搬許可は鈴木りえ法務事務所へ

 


 

 

全国対応している事務所もありますが、メールや電話だけのやりとりではわからない事も多いです。

 



ですから直接お客様にお会いすることが何より大切な事だと考えています。

 


当事務所では事業所様を訪問し、車両の確認や必要書類について打ち合わせをさせていただいております。

 

 

 




もちろん今までご自分で手続きをされていたお客様の更新、届出も対応しております。

 

まずはお気軽にご相談下さい。

 

*初回のご相談は無料です*

 

下記メールフォームからもお問合せを受付けおります。

 

 

対応地域

 
静岡県:御殿場市、小山町、裾野市、長泉町、三島市、沼津市、富士市、富士宮市

 

※記載がない地域はお気軽にお問合せ下さい。

 

 

 

*ご相談から許可取得までの流れ*

 

 

1.講習会の受講をうけましょう

 

 

講習会の日程はこちら

公益財産法人日本産業廃棄物処理振興センター主催の2日間の講習で、行政概論、環境概論、業務管理、安全衛生管理、収集・運搬の5科目を受講し、最終日に終了試験を受けます。
試験終了後3週間程度で修了証が交付されます。講習会の受講料は産業廃棄物収集運搬業許可を新規で受ける場合¥30,400円です。

 

合格していれば、約3週間後に、受講者に修了証が交付されます。

 

修了証が申請書類の中で最も入手に時間がかかりますので、できればまず先に受講をするようにしてください。

講習会日程はこちら

2.打合わせ

 

お電話いただけましたら、事業所様もしくはご自宅を訪問し車両、容器の写真を撮らせていただきます。

その他、お客様に応じた必要書類をご案内します。
必要書類はお客様の代わりに当事務所が取得することも可能ですのでご安心下さい。

 

3.申請書類等の準備

 

 

 

申請の作成、添付書類が揃っているか確認を行います。

 

申請の予約も当事務所で全て行います。

 

4.申請


あらかじめ予約しておいた日に行政書士が申請を行います。
 
静岡県の審査は約2ヶ月です。
 
審査中に追加書類等の要請があった場合も、事務所で対応しますのでご安心下さい。
 
合格すれば認可証が交付されます。

 

 

5.許可証が届いたら

 
 
収集運搬業に使用する車両の両側面に許可番号を表示する義務があります。

 

表示例(法人の場合)

 



 

産業廃棄物収集運搬車

(注意:文字の大きさは5×5以上)

 

御殿場産業 株式会社

(注意:文字の大きさは3×3以上)

 

第123456号

(注意:文字の大きさは3×3以上、下6ケタ以上)

 

許可証に記載されて番号を確認し、車体へ直接記載するかマグネットシートを車台に貼り付ける方法でも構いません。
 
でも、
 

注文する暇がない!

 

車両に印字する日まで時間がかかる!

 

こだわりは無いから法定満たしていればいい!

 
 

そんな声にお応えして!

 

 

 
ご依頼された方に、車両1台分のマグネットシート(約5,000円相当)をプレゼント中です♪
 
車両1台分=マグネットシートは2枚です(両側面分)
 
法定を満たしたフォントサイズで、会社名(もしくは個人名)、許可番号入りです。
 
 

 

 

他県申請もお任せ下さい

 

 

静岡県を中心とし、山梨県、神奈川県、東京都、愛知県の申請も承っております。

 

産業廃棄物収集運搬業の許可申請は、直接窓口へ出向いて申請する必要があります。

 

また、各県様式の書類も存在し、各都道府県ごとにそれぞれ取扱いが異なりますので、静岡県外で廃棄物の積卸を行う予定の方はお気軽にご相談下さい。

 

 

山梨県申請

山梨県庁にて申請となります。

 

静岡県とは異なり、設立3年未満の法人に対しても県様式の書式にて長期財務計画の提出が必要となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

東京都申請

積替保管がない場合は写真の立川合同庁舎にて申請となります。

 

積替・保管を行う場合は、東京都庁にて申請となります。

 

申請件数も多く予約が1か月先になることもあります。予約した日程に合わせて申請まで計画的に進める必要があります。
 
 

 

 

 

神奈川県申請

政令市で事業を行おうとするときでも、積卸しを行う地域が政令市を含む複数の市町村に渡っている場合は、神奈川県知事の許可を受ければよく、この場合政令市の許可は不要です。

 

ただし、積替・保管を行う収集運搬業を政令市内で行う場合又は神奈川県内で1つの政令市内のみで収集運搬す業を行う場合は、その政令市長の許可を受けなければなりません。

 

 

 

 

「許可取得後」のことも考えていますか?

 
全ての許可でも同じ事が言えるのですが、「許可をとったら終わり」ではないのです。

 

産業廃棄物収集運搬業の場合も、5年ごとの更新、事業範囲の変更、車両などの変更があった場合は申請や届出を行う必要があります。

 

 

区分

概要

 
申請
 

新規許可

 

@新たに収集運搬業を始める場合

 

A個人許可業者が法人を設立した場合

 

更新許可

許可の有効年月日以降も引き続き事業を行う場合
事業範囲の変更許可

 
@取り扱う産業廃棄物の種類を追加又は限定解除を行う場合

 

A新たに積替え保管行為を行う場合
 

届出

変更届

 

ア住所変更 イ氏名・名称変更 ウ役員変更

 

エ事業場所等変更 オ施設・車両変更

 

廃止届

 

ア一部廃止(一部の取扱い品目等を廃止する場合)

 

イ全部廃止

 


 
車両の入れ替えが激しい業者様であれば、その都度手続きをしなければいけないのです。

 

慣れない書類の作成や申請・届出を自分で行っていては、わからない箇所が出てきてしまう度に行き詰まってしまい、なかなか申請できません。

 
新規許可申請よりお付き合いがあれば、以後変更が生じた際も素早く当事務所で対応することが可能です。
 
ぜひ、新規許可取得をお考えのお客様はお気軽にご相談ください。
 

 

もちろん今までご自分で手続きをされていたお客様の更新、届出も対応しております。

 

 
メールでのお問い合わせの場合は、必須項目は必ずご記入ください。

 

※2〜3日経っても当事務所からメールが届かない場合は、お手数ですが当事務所までお電話でご連絡ください。

 

※土・日・祝日のお問い合わせについては、翌平日にご返信させていただく場合がございます。

 

*は必須項目です
 

 

 

*お名前又は法人名

 

*メールアドレス

 

 

連絡先

- -

お電話での連絡を希望される方はご記入下さい

 

 

ご連絡方法

メール 電話 どちらでも良い

 

 

*ご相談内容
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様の声

 

(40代 女性)離婚協議書

 

この度は大変お世話になりました。

 

私の質問等速やかに回答頂けたり、又、公正証書を相談に行った日から約1ヶ月で作成することが出来ありがたく感謝しています。

 

同じ女性と言う立場、子を持つ親としての立場に寄りそって相談にのって下さったこともうれしかったです。

 

 

 

 

お客様の声一覧へ

 

 


次のページへ≫

 

 

 

産業廃棄物収集運搬許可記事一覧

産廃許可取得の5つの要件

≪前のページへ  次のページへ》産業廃棄物収集運搬業に必要な5つの要件産業廃棄物収集運搬業許可を取得するためには5つの要件を満たす必要があります。1、欠格条項に該当しないこと2、講習会を受講していること3、適切な事業計画があること4、経理的基礎を有していること5、収集運搬に必要な施設があることそれで...

≫続きを読む

 

産業廃棄物の種類

《前のページへ   次のページへ》そもそも産業廃棄物とは?廃棄物とは、自分で利用したり売却したりできないために、不要となった固形物又は液状のものをいいます。廃棄物処理法(第2条)では、一般廃棄物と産業廃棄物の2つに分類されており、一般廃棄物とは、産業廃棄物以外の廃棄物ということになっています。つまり...

≫続きを読む

 

もっと詳しく見る産業廃棄物の種類

《前のページへ   次のページへ》具体的な廃棄物の分類産業廃棄物収集運搬業を始めるにあたって、あなたが運搬する廃棄物の排出事業者の業種に応じて許可を受ける品目を決定しなければいけません。しかし、具体例を見ただけで分類するのは不安になってしまいますよね。そんな方のためにもう少し詳しい具体例を見ていきま...

≫続きを読む

 

廃棄物の種類に適した運搬容器

《前のページへ   次のページへ》廃棄物の種類と運搬容器廃棄物を運搬するために欠かせないのが容器です。どんな容器があるのか、それぞれの特徴などをわかりやすくご紹介します。自分が収集運搬する廃棄物に応じた最適な容器を選びましょう。ドラム缶ドラム缶にも蓋や材質など種類があります。ドラム缶の蓋について種類...

≫続きを読む

 

許可取得の注意ポイント

《前のページへ   次のページへ》許可を取得する上で注意しておきたい点産業廃棄物収集運搬業の許可取得にあたってどんな点に注意すべきなのか心得ておく点はあるのかよく知ってから許可取得にあたりたいものです。注意点は大きくわけて下記の4つ1、複数の許可が必要な場合2、都道府県ごとに申請手続きの差異3、産業...

≫続きを読む

 

マニフェスト(廃棄物管理票)の種類

≪前のページへ戻る    次のページへ進む≫マニフェストの役割産業廃棄物を排出事業者から引き受ける際に、産業廃棄物管理票(マニフェスト)も交付されます。排出事業者がマニフェストを交付するのは法律上の義務なのです。このマニフェストには2つの役割があります。1つは廃棄物がきちんと運搬された事を証明する役...

≫続きを読む

 

許可申請に必要な書類

《前のページへ   次のページへ》許可申請に必要な書類申請書類は、申請者が個人であるか法人であるか、財務内容などそれぞれの事情により提出書類が異なります。また自治体に応じてローカルルールが存在しますので書類が異なることがあります。個人・法人共通の書類@産業廃棄物収集運搬業許可申請書A欠格条項に該当し...

≫続きを読む

 

ご依頼の流れと費用

《前のページへ   産業廃棄物収集運搬トップページへ》ご依頼の流れと費用ご相談の前に・・・1.講習会の受講をうけましょう2日間の講習で、行政概論、環境概論、業務管理、安全衛生管理、収集・運搬の5科目を受講し、最終日に終了試験を受けます。試験終了後3週間程度で修了証が交付されます。講習会の受講料は産業...

≫続きを読む

 

特別管理廃棄物の処理・運搬について

特別管理廃棄物の処理爆発性、毒性、感染性などその他の人の健康または生活環境に係る被害を生じるおそれがあるため、特別に管理をすることが必要な廃棄物があります。それらの、処理や運搬方法について詳しく解説していきます。次のページへ進む≫

≫続きを読む

 

お問い合わせ・ご予約はお気軽に

アクセス


 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム ご相談事例 お客様の声 事務所概要 事務所ブログ