離婚協議書の作成は御殿場市に行政書士鈴木りえ法務事務所へぜひご相談下さい

離婚協議書の作成

《前のページへ  次のページへ》

 

*離婚協議書作成で後悔しないポイントは「自分の考え」をしっかり持つこと*

 


 

 

今までの生活を清算するために慰謝料や養育費の金額、子どもとの面会は今後の生活に影響していきます。

 

 

ぼんやりとした自分の考えを整理してから、相手との話合いに望むべきです。

 

とは言っても、何を基準に決めればいいの困ってしまいますね。

 

まずは、「自分はどうしたいのか」を一緒に考えてみませんか?

 

*初回のご相談は無料です*

 

下記メールフォームからもお問合せを受付けおります。

 

 

対応地域
 
静岡県:御殿場市、小山町、裾野市、長泉町、三島市、沼津市、富士市、富士宮市

 

※記載がない地域はお気軽にお問合せ下さい。

 

*安心してご相談下さい*

 

〜キッズルーム風景〜

 

 

 

 

*ご相談から離婚公正証書作成までの流れ*

 

1、無料相談

 


離婚原因、婚姻期間やお子様の人数、年齢等現在の状況をお伺いします。

 


大半のお客様がご相談に2時間程度要しております。お時間に余裕を持ってお越しください。
 

 

 

 

2、夫婦間協議

 


離婚協議書に記載する内容について具体的に協議を行っていただき合意に至った場合のみご依頼となります。

 

相手方(夫又は妻)より当事務所による協議書作成業務の同意、委任をいただきます 。

 

話し合いによって確定した内容を基に、離婚協議書の原案を作成致します。 

 

 

3、公証役場にて完成

 


当日は行政書士も立会います。

 

公人が離婚公正証書を面前で読み上げ、内容を双方確認します。

 

その後、公証人・当事者が離婚公正証書に署名・押印し、離婚公正証書の正本・謄本を受け取り終了です。 
 
 
 

*当事務所のサポート内容*

女性行政書士が対応


女性ならではの悩み、女性にしか理解してもらえないことなどこの機会にぜひご相談下さい。

 

行政書士には守秘義務が課せられていますので秘密が漏れる心配はありません。

 

※カウンセリングは行っておりません。
 

キッズルーム完備でお子様も一緒に


相談に来るために、知人にお子さんを預けてきたりと苦労をされる方が見受けられます。

 

当事務所の女性行政書士も子育て中の2児の母です。気軽に女性や家族連れのお客様が安心して相談できる環境を作りたいと当事務所はキッズルームを完備しました。

 

面談室とキッズルームは隣り合わせではありませんので年齢が大きなお子様にも相談内容は聞こえませんご安心下さい。
 
 
 

*作成費用について*

 

 

当事務所の料金¥80,000円(税別)

 

※行政書士が一方の代理人になる場合も追加料金はかかりません。

 

※別途公証役場の費用が発生します。

 

 

 

 

 

 

お問合せフォーム

メールでのお問い合わせの場合は、必須項目は必ずご記入ください。

 

※2〜3日経っても当事務所からメールが届かない場合は、お手数ですが当事務所までお電話でご連絡ください。

 

※土・日・祝日のお問い合わせについては、翌平日にご返信させていただく場合がございます。

 

*は必須項目です
 

 

 

*お名前又は法人名

 

*メールアドレス

 

 

連絡先

- -

お電話での連絡を希望される方はご記入下さい

 

 

ご連絡方法

メール 電話 どちらでも良い

 

 

*ご相談内容
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様の声

 

 

(30代・女性)離婚協議書

 

キッズルームのおかげで、子供のことを心配することなく相談できてよかったです。

 

これから頑張れそうです。

 

ありがとうございました。


 

30代・女性)離婚協議書

 

先生の説明はわかりやすく安心して依頼することができました。

 

相談して良かったと思っています。

 

本当にありがとうございました。


 

 

(40代 女性)離婚協議書

 

この度は大変お世話になりました。

 

私の質問等速やかに回答頂けたり、又、公正証書を相談に行った日から約1ヶ月で作成することが出来ありがたく感謝しています。

 

同じ女性と言う立場、子を持つ親としての立場に寄りそって相談にのって下さったこともうれしかったです。

 

 

お客様の声一覧へ

 


≪前のページへ    次のページへ≫
 

離婚協議書の作成記事一覧

親権者を決める

≪前のページ   次のページ≫*親権者を誰にするか決めましょう*親権とは、子どもの養育費・教育・財産管理・法定代理人を全て含む権利です。親権とは、子どもの養育・教育・財産管理・法定代理人すべてを含む権利です。協議離婚の場合は話し合いで親権者を決めることになります。離婚届には未成年の子どもの親権者を記...

≫続きを読む

 

「養育費」について

《前のページへ   次のページへ》*離婚後の生活設計は見えていますか?*離婚を考えると相手と離婚するという目先のことを考えてしまい、お金の事は後回しにしてしまう方が多くいらっしゃいます。「財産も養育費もいらないから早く別れたい」そいゆう人もいますが未成年の子どもがいる場合は、離婚後の生活設計をしっか...

≫続きを読む

 

戸籍と姓について

《前のページへ    次のページへ》*離婚後の戸籍と姓の選択* 婚姻した際に、今まで入っていた戸籍(多くは親が筆頭者の戸籍)から抜けて、多くの場合は夫が筆頭者の新しい戸籍をつくりましたね。そして、今回離婚をするにあたり「籍を抜く」と表現するように、筆頭者でない側(多くの場合は妻)は、この夫が筆頭者の...

≫続きを読む

 

面会交流とは

《前のページへ   次のページへ》*離婚が成立しても、親子関係は変わりません*離婚後に、子どもと離れてくらす親には、子どもと会ったり連絡をとる権利があります。子どもと離れてくらす親からしてみると、子どもと連絡を取り合ったりたまに一緒に遊びに行きたいと考えるのは自然なことであり、子どもからしても離れて...

≫続きを読む

 

離婚後に必要な手続き

《前のページへ戻る   次のページへ進む》*離婚後の手続きと暮らしについて*離婚届を提出したあとおには、生活上さまざまな手続きが必要です。具体的な手続きとしては下記が上げられます。1.名義変更手続き2.健康保険・国民年金の手続き3.住所・氏名変更の届出4.子ども関係の手続きそれでは具体的に確認してい...

≫続きを読む

 

ご依頼の流れと費用について

《前のページへ   離婚トップページへ≫*ご相談から離婚公正証書作成までの流れ*1、無料相談離婚原因、婚姻期間やお子様の人数、年齢等現在の状況をお伺いします。大半のお客様がご相談に2時間程度要しております。お時間に余裕を持ってお越しください。2、夫婦間協議離婚協議書に記載する内容について具体的に協議...

≫続きを読む

 

≪ご相談事例≫

こちらでは、寄せられた相談例のうち代表的なものを載せています。それぞれのケースで、どのような対応や手段をとることができるのかなどを載せております。*こちらは実例の相談例をそのまま載せたものではありません。

≫続きを読む

 

お問い合わせ・ご予約はお気軽に

アクセス


 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム ご相談事例 お客様の声 事務所概要 事務所ブログ